本当は怖いシャンプーの成分

本当は怖いシャンプーの成分

毎日使用するものだからこそ、最近シャンプーやリンス、ボディーソープに気を配る方は増えていますよね。もちろん私もシャンプーやボディーソープを購入する際には、必ず成分をチェックしています。でも一体どんな成分が、どんな風に悪い

526 views

a0022_000043_m

毎日使用するものだからこそ、最近シャンプーやリンス、ボディーソープに気を配る方は増えていますよね。

もちろん私もシャンプーやボディーソープを購入する際には、必ず成分をチェックしています。

でも一体どんな成分が、どんな風に悪いの?今回はそんな疑問にお答えします!

最近よく聞くラウレス硫酸Na

硫酸って書いてるだけでなんか怖い…。そう思う方も多いのではないでしょうか。

ラウレス硫酸Naとは、市販のシャンプーのほとんどに使用されている成分です。

ドラッグストアなどでよく見る有名なシャンプーや、高価なシャンプーにも使用されています。

洗浄力が非常に強く、皮脂やホコリ・整髪料などの物質を吸着して、流れ落とす成分です。泡立ち力や洗浄力が高い上に原料が安価なので、ほとんどのシャンプーに使用されています。

カンタンに言うと洗浄剤ということですが、洗浄剤にはたんぱく質を変性させる性質があります。たんぱく質が変性すると、髪に潤いがなくなりパサパサごわごわし、髪に相当なダメージが与えられます。

カラーやパーマよりも、家で使っているシャンプーによって髪のダメージが進行している場合もあるのです。

もちろんこの洗浄剤はボディソープなどにも使用され、当然肌にもよくありません。必要以上に油分を流してしまうので、角質層にある体のバリア機能を壊してしまいます。

肌荒れや乾燥だけでなく、時には花粉症やアレルギー体質を引き起こす原因にもなります。

よく似ているラウリル硫酸Na

名前はよく似ていますが、実はこのラウリル硫酸Naは、先ほど紹介したラウレス硫酸Naよりも毒性が強い成分です。

上記で紹介したラウレス硫酸Naは、このラウリル硫酸Naの刺激性を緩和した成分です。

ラウリル硫酸Naも同様に、市販のシャンプーによく使用されている成分です。

ラウリル硫酸Naは、ラウレス硫酸Naよりも分子量が非常に小さいので、肌の中に浸透していきやすい性質があります。その為、敏感肌の人や乾燥肌の人は、かゆみ等を感じる場合があるそうです。

この成分もまた、頭皮・髪の毛の油分を根こそぎ洗い流してしまいます。

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naの入ったシャンプーを使用し続けると、髪のダメージだけに限らず、抜け毛や薄毛・肌荒れやかゆみ・フケ症など、トラブルの原因になるのです。

シリコンってなに?

最近シャンプー売り場などでよく目にするのは「ノンシリコン」という言葉ではないでしょうか。シリコンとはケイ素に化学的処置を加えた合成樹脂です。

髪をコーティングする作用があり、指通りをなめらかにして艶を出すなどの効果があります。しかし髪をコーティングするだけで、髪を補修したり浸透して保湿するような効果はないようです。

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなどの成分は髪の毛がきしんでしまいますので、それらを補うためにシリコンが使われます。

シリコンはトリートメントや、ヘアワックスなどのヘアケア製品にはもちろん、日焼け止めやファンデーションなどの化粧品にも配合されています。つまり、成分としては悪いものとはいえません。ノンシリコンだから良い、とは一概には言えないでしょう。

ノンシリコンのシャンプーを選んでも、ラウリル硫酸Naなどが入っていればただ髪にダメージを与えてしまいますので、シリコンが入っていた方が良い場合もあるでしょう。

ではなぜノンシリコンが良いとされているかというと、シリコンはコーティング力が強いため、肌に付着すると毛穴を塞いでしまうと言われています。頭皮の場合は髪が生えにくくなったり、肌の場合はニキビや吹き出物ができるかもしれないのです。

頭皮や背中・おでこなど、シャンプーが付着しやすい場所にニキビや吹き出物が出来るという方は、もしかするとシリコンが原因かもしれません。

自然派のシャンプー

私も数年前、2ヶ月に1回は脱色とヘアカラーをする為に美容院に通っていました。幸い髪が強かったらしく1年くらいはなにも変化はなかったのですが、2年ほどたった時に美容師さんに「もう脱色はしばらくしない方が良い」と言われ、自然派のシャンプーを勧められました。

市販のシャンプーのほとんどは髪にダメージを与える成分が入っているから美容院の自然派のシャンプーを使った方が良い、と言われ、その時シャンプーとコンディショナーを買ったのですが、市販のシャンプーのおよそ6、7倍くらいの値段がしたので、継続して買うことはありませんでした。

最近では市販でも自然派をうたっているシャンプーがありますし、少し値段は高くても美容院ほどではないので、ラウリル硫酸Naなどが入っていないシャンプーを探して使用してみたのですが、泡立ちが非常に悪く(泡立ちがよくなる化学物質も入っていなかったのでしょう)それも継続して使うことはありませんでした。

そして最近になってようやくラウリル硫酸Naもラウレス硫酸Naもシリコンも入ってない泡立ちの良いシャンプーに出会ったのですが、ドラッグストアなどでなかなか売っていないという難点があり、切れた時は何店舗も探しに行かなくてはなりません…。

自分の髪に合うものを

ラウリル硫酸Naなどが必要以上に髪や肌を洗浄し、シリコンが毛穴をつまらせている、というとそれらが悪者というような感じがしますが、他にも数多くの化学物質が入っているシャンプーはたくさんあります。

様々なうたい文句のシャンプーが数多くある中、自分に合うシャンプーを見つけ出すのはなかなか難しいですよね。

個人的にはもうラウリル硫酸Naなどが入っているシャンプーを使用することはないと思いますが、現在使用しているシャンプーに問題が無く、頭皮の悩みや髪のトラブルがないのであれば、無理をして変える必要はもちろんありません。

私自身も脱色を繰り返していなければ、もともと使用していたシャンプーを変えることはなかったと思います。(某有名シャンプーで匂いが気に入っていました。)(あとから確認するとラウリル硫酸Naもラウレス硫酸Naもシリコンも入っていました。)

自分の髪や肌に合っている物の方がストレスが少ないですし、自然派の方が良いとも言い切れません。ですが、もし頭皮が乾燥してかゆみを感じたり、逆にギトギトすると感じた時は、シャンプーを見直すのもひとつの手かもしれません。

「ラウリル」や「硫酸」がつく成分を避けるようにすると、髪や頭皮によくないシャンプーをかなり避けられると思いますので、よければ参考にしてくださいね★

この記事のライター

Yama★Yuka

Yama★Yuka

...

カテゴリ一覧

セルフケア

23件のまとめ

セルフケア

テクニック

11件のまとめ

テクニック

スキンケア

15件のまとめ

スキンケア

指名を取るコツ

6件のまとめ

指名を取るコツ

話題の商品

10件のまとめ

話題の商品

ソープあるある

14件のまとめ

ソープあるある

ソープの知識&あるあるTest

8件のまとめ

ソープの知識&あるあるTest

エリア情報

19件のまとめ

エリア情報

恋愛

4件のまとめ

恋愛

コラム

16件のまとめ

コラム

求人

4件のまとめ

求人

カテゴリ一覧

セルフケア

セルフケア

テクニック

テクニック

スキンケア

スキンケア

指名を取るコツ

指名を取るコツ

話題の商品

話題の商品

ソープあるある

ソープあるある

ソープの知識&あるあるTest

ソープの知識&あるあるTest

エリア情報

エリア情報

恋愛

恋愛

コラム

コラム

求人

求人